The meaning of 先輩 せんぱい senpai / senior

The meaning of 先輩 せんぱい senpai / senior

This article explains the meaning and the background of senpai both in Japanese and English.
本稿では「先輩」の意味と背景を、日本語と英語の両方で説明する。

Club activity where the word senpai is often used is also described.
先輩の語がよく使われる、部活動についても記載する。

先輩 せんぱい senpai / senior

日本語 JAPANESE

意味

先輩は、学校、会社、スポーツなどのクラブ等の組織に、先に入った人を意味する。
対義語は後輩である。
言葉の上では先に入った人は全員先輩であるが、年齢や経験がそれほど離れていない人を指すことが多い。
先輩・後輩の関係は、特に中学校や高校の課外活動において強調される。

用法

先輩という言葉には、3種類の用法がある。
1つ目の用法では、誰かより組織に先に入った人を表す。
例:彼は野球部の先輩だ。
2つ目の用法では、二人称や三人称で、特定の人を指す代名詞として使われる。
例:おはようございます、先輩。
3つ目の用法では、「さん」や「君」(Mr.やMrs.等に対応する)の代わりに、名字や名前の後につけて敬称として用いられる。
例:松本先輩は今日は欠席している。
後輩という言葉の場合は、通常、2つ目および3つ目の用法では使用されない。

課外活動で

日本では、ほとんどの中学校および高校が、課外活動の部を主催している。
多くの生徒がいずれかの部に所属し、学校によっては入部が義務付けられていることもある。
部活動に参加すると、先輩および後輩の立場に基づく上下関係を要求されることが多い。
例えば、後輩は、先輩に対して敬語を使わなければならず、活動に使う道具の運搬や、部室の掃除などの仕事を課される。
このような上下関係は、特にスポーツなどの競争を伴う活動で強調されることが多い。
こうした環境下では、先輩の中には、技術や知識が優れていないのにもかかわらず、後輩に対して尊大にふるまう者もいる。
さらには、個人的な用事を後輩にやらせることさえある。

関係

先輩と後輩の間には上下関係があるが、実際は同一のグループに属しており、多くの場合、先輩は後輩に対する指揮権を持っていない。
学校や部活動であれば教員やコーチ、会社であれば上司など、より上の立場の者が指揮権を有する。
企業のウェブサイトには、新入社員の採用のため、「先輩からのメッセージ」と題されたページがあることが多い。
これらのメッセージは、入社してから数年しか経っていない、若い社員によって書かれている。
まだ部下を持っていない立場の者が書くことで、新入社員に近い視点で会社の雰囲気を伝えるためである。

ENGLISH 英語

Meaning

Senpai means those who have entered an organization such as a school, a company, or a club for a sport etc. before someone.
The antonym is kohai.
Literally, all who have already entered correspond to senpai, it often indicates someone who is not so different in age or experience.
The relationship between senpai and kohai is especially emphasized in an extracurricular activity at junior high school or high school.

 

Usages

The word senpai has three usages.
In the first usage, it means those who have entered an organization before someone.
Example: He is a senpai in the baseball club.
In the second usage, it is used as a pronoun for indicating a certain person in second or third person.
Example: Good morning, senpai.
In the third usage, it is used as an honorific following a family name or first name instead of “san” or “kun” (corresponding Mr. or Mrs. etc.).
Example: Matsumoto-senpai is absent today.
As for the word kohai, usually, it is not used in the second or third usage.

 

In extracurricular activities

In Japan, most junior high schools or high schools have clubs for extracurricular activities.
Many students belong to any of the clubs and some schools mandate sign-up for a club.
When they join club activities, they are often forced the hierarchical relationship based on the status of senpai and kohai.
For instance, kohai must speak to senpais in honorific language, and is assigned tasks such as carrying what is used in the activity or cleaning the clubroom.
Such a hierarchical relationship is often emphasized especially in activities such as sports, which accompany a competition.
Under the circumstances, some senpais behave arrogantly to a kohai although they are not superior in terms of the skill or knowledge.
What is worse, some of them may compel a kohai to do a personal task.

 

Relationship

Although there exists a hierarchical relationship between senpai and kohai, they belong to the same group in fact, and in many cases, senpai does not have control of kohai.
Those who have a higher position including teachers or a coach in case of a school or a club activity or bosses in case of a company have control.
Corporate websites often have pages titled “messages from senpais” for recruiting new employees.
These messages are written by young employees who have spent just a few or several years since they joined the company.
The reason is that what is written by someone who has no subordinates can express the atmosphere of the company from the viewpoint which is near that of a new employee’s.

対訳 BILINGUAL

意味
Meaning

先輩は、学校、会社、スポーツなどのクラブ等の組織に、先に入った人を意味する。
Senpai means those who have entered an organization such as a school, a company, or a club for a sport etc. before someone.

対義語は後輩である。
The antonym is kohai.

言葉の上では先に入った人は全員先輩であるが、年齢や経験がそれほど離れていない人を指すことが多い。
Literally, all who have already entered correspond to senpai, it often indicates someone who is not so different in age or experience.

先輩・後輩の関係は、特に中学校や高校の課外活動において強調される。
The relationship between senpai and kohai is especially emphasized in an extracurricular activity at junior high school or high school.

 

 

用法
Usages

先輩という言葉には、主として3種類の用法がある。
The word senpai has three usages.

1つ目の用法では、誰かより組織に先に入った人を表す。
In the first usage, it means those who have entered an organization before someone.

例:彼は野球部の先輩だ。
Example: He is a senpai in the baseball club.

2つ目の用法では、二人称や三人称で、特定の人を指す代名詞として使われる。
In the second usage, it is used as a pronoun for indicating a certain person in second or third person.

例:おはようございます、先輩。
Example: Good morning, senpai.

3つ目の用法では、「さん」や「君」(Mr.やMrs.等に対応する)の代わりに、名字や名前の後につけて敬称として用いられる。
In the third usage, it is used as an honorific following a family name or first name instead of “san” or “kun” (corresponding Mr. or Mrs. etc.).

例:松本先輩は今日は欠席している。
Example: Matsumoto-senpai is absent today.

後輩という言葉の場合は、通常、2つ目および3つ目の用法では使用されない。
As for the word kohai, usually, it is not used in the second or third usage.

 

 

課外活動で
In extracurricular activities

日本では、ほとんどの中学校および高校が、課外活動の部を主催している。
In Japan, most junior high schools or high schools have clubs for extracurricular activities.

多くの生徒がいずれかの部に所属し、学校によっては入部が義務付けられていることもある。
Many students belong to any of the clubs and some schools mandate sign-up for a club.

部活動に参加すると、先輩および後輩の立場に基づく上下関係を要求されることが多い。
When they join club activities, they are often forced the hierarchical relationship based on the status of senpai and kohai.

例えば、後輩は、先輩に対して敬語を使わなければならず、活動に使う道具の運搬や、部室の掃除などの仕事を課される。
For instance, kohai must speak to senpais in honorific language, and is assigned tasks such as carrying what is used in the activity or cleaning the clubroom.

このような上下関係は、特にスポーツなどの競争を伴う活動で強調されることが多い。
Such a hierarchical relationship is often emphasized especially in activities such as sports, which accompany a competition.

こうした環境下では、先輩の中には、技術や知識が優れていないのにもかかわらず、後輩に対して尊大にふるまう者もいる。
Under the circumstances, some senpais behave arrogantly to a kohai although they are not superior in terms of the skill or knowledge.

さらには、個人的な用事を後輩にやらせることさえある。
What is worse, some of them may compel a kohai to do a personal task.

 

関係
Relationship

先輩と後輩の間には上下関係があるが、実際は同一のグループに属しており、多くの場合、先輩は後輩に対する指揮権を持っていない。
Although there exists a hierarchical relationship between senpai and kohai, they belong to the same group in fact, and in many cases, senpai does not have control of kohai.

学校や部活動であれば教員やコーチ、会社であれば上司など、より上の立場の者が指揮権を有する。
Those who have a higher position including teachers or a coach in case of a school or a club activity or bosses in case of a company have control.

企業のウェブサイトには、新入社員の採用のため、「先輩からのメッセージ」と題されたページがあることが多い。
Corporate websites often have pages titled “messages from senpais” for recruiting new employees.

これらのメッセージは、入社してから数年しか経っていない、若い社員によって書かれている。
These messages are written by young employees who have spent just a few or several years since they joined the company.

まだ部下を持っていない立場の者が書くことで、新入社員に近い視点で会社の雰囲気を伝えるためである。
The reason is that what is written by someone who has no subordinates can express the atmosphere of the company from the viewpoint which is near that of a new employee’s.

Cultureカテゴリの最新記事